節約

電気毛布で電気代を節約しながら、あったかすやすや快眠ゲット!

こんにちは、ゆかり(@yukarikakeibo)です。

さっむ〜い、冬がやってきました。

夏生まれの私には冬が地獄。家にいるときは暖房を常にオン!にしたいところですが、借金がある身としては電気代が気になる。。。

そんなときに彼氏が持ってきてくれたのが、電気毛布です。

彼氏
彼氏
電気毛布持ってきたよ
ゆかり
ゆかり
ふ〜ん。そんなのいるの?

電気毛布ね〜って塩対応してたんですが、予想以上に優秀で節約にもなっているので紹介したいと思います!

電気毛布ってなに?使い方は?

まずは電気毛布について簡単に説明したいと思います。

電気毛布は名前の通り電気によってあたたまる毛布です。寒い冬に寝具を暖めるために使われることが多いです。

タイプは大きく分けて、3つ。掛毛布タイプ・敷毛布タイプ・敷掛両用タイプです。今回私が利用したのは、敷掛両用タイプです。

電気毛布を使ってみた感想

ゆかり
ゆかり
さあ、寝よっと(布団にイン)
なにこれ!?布団がポカポカ!
え、気持ちいい!
彼氏
彼氏
電気毛布敷いておいたんだ、暖かいでしょ♪

寝る前にこっそり電気毛布をベッドに仕込んでおいてくれたみたいで、普段はひやっとするベッドがぬっくぬく

普段は布団に入ってから温まるまで時間がかかるのに、すでにポカポカだから気持ちいい

すやぁzzz

使い始めてからはなくてはならない存在に一気にランクアップしました!

布団が暖かいから暖房かけなくても寝れるのが嬉しい!

電気毛布の使い方は簡単!でも注意点もあります!

電気毛布の使い方は簡単。今回は敷毛布・敷掛両用タイプの使い方を紹介します。

まずは敷き毛布をシーツの下に敷きます。

そしてコンセントに刺して、スイッチオン!

しばらくすると温まって、あったかベッド・お布団の完成です。

ただし、使い方には注意点があります!

電気毛布の注意点。それは、使い方次第で身体に負担がかかるということです。

快適な睡眠をサポートしてくれる電気毛布ですが、スイッチのいれっぱなし・暖めっぱなしは身体に良くありません。

電気毛布のつけっぱしが身体に良くない理由は下記のように言われています。

  • 寝ている間の体温調整ができない。
  • 脱水症状になる

実際つけっぱしで寝た朝は少し喉がカラカラ。脱水症状が起きているのかもしれません。

電気毛布の正しい使い方

では、どのように使えば身体に負担をかけずに電気毛布を使えるのか?

使い方は下記のとおりです。

  • 寝る30分前にスイッチをいれ、切ってから寝る
  • タイマーをセットして切れるようにする
  • 朝目が冷めたら、スイッチをオンにしてスムーズに起きれるようにする

1番良い使い方は、寝るときにはスイッチを切って寝るのが身体にはいいですが中々寝つけないと寒くなってきますよね。

そのため寝つくまでは電気毛布をつけておいて、タイマーで切れるようにしておくのがオススメです!

また、朝はやっぱり寒いと中々起きれないので、目が覚めたらまずはスイッチを入れて身体を暖めてスムーズに起きれるようにするという使い方も出来ます。

気になる電気毛布の電気代は?暖房より安くなるのか?

やっぱり気になるのは電気代。暖房より電気代がかかるなら、わざわざ電気毛布を買ってまで使う意味はありません。

そこで調べてみました、電気毛布とエアコンの暖房の電気代。

電気毛布の電気代は調べたところ1時間あたり1円〜1.5円程度。
それに対して、パナソニックのサイトによると、エアコンが1時間で約27円

寝ている時間を8時間とするとその間の電気代は、
電気毛布:約10円
エアコン:約135円

その差1日あたり125円!

1ヶ月だと3000円以上の電気代の差が生まれます。

3000円あったら、借金返済できるし軽い外食だって余裕そう。

実際電気代が下がったかどうかは12月の電気代が出たら発表しますね!

電気毛布の選び方

まずは自分のベッドにあったサイズにしましょう!
小さいサイズにしてしまうとベッドで取り合いがうまれますよ笑

うちでは電気毛布の取り合いです笑

使い方でも説明しましたが、タイマーは身体に負担をかけないためにもあったほうが間違いなくいいと思います!

今使っている電気毛布はタイマーがないタイプなので、新しいのがほしいです。

おすすめの電気毛布

私が実際に使っている電気毛布やタイマー付など機能が充実したおすすめの電気毛布を選びました。

価格優先ならこれ コイズミ

うちの家で使っているのはこれです。安いし、十分暖かいし、ダニ除去まできます。しかも汚れたら丸洗いもできます。

うちにあったかぬくぬくライフを提供してくれますが、残念ながらタイマーがありません。

大手メーカーで安心!パナソニックの電気毛布。室温センターも搭載。

大手家電メーカーのものがいいならパナソニックで決まり。

室温センサー搭載で、室温が5℃下がったら自動的に1℃アップして調整してくれます。またヒーター線に異常や制御異常あったときは自動的に止まる自動ストップ機能もあるので、安心して利用できます。

お手軽価格でタイマー付きの電気毛布ならこれ!

次に買うならこれを買いたいなあとひそかに計画しています。

タイマー付きで6000円を切るお手軽価格。フランネルでボリュームあるし、敷パッド代わりに使っても気持ちよさそうです。

まとめ

暖房もかけなくてもぬっくぬくで寝れるようになったのが最高に幸せです。電気代の心配もしなくなりました。

冬の電気代に困っている、けど寝れないという人は安い2000円ぐらいの電気毛布でも十分快適な睡眠をゲットできるのでぜひ使ってみてください。